GWの「釣り」の楽しみ方!家族と楽しくフィッシング編【釣り部153】

GWの「釣り」の楽しみ方!家族と楽しくフィッシング編【釣り部153】

3月の釣行記事を先ほど書き終えたGW中盤!

序盤はなんだかんだ、普段できなかった事として、家の片付けやら遠方の法事などでバタバタしておりました。

なんといっても家族といなければならない時間が長いので、一人でゆっくり釣りに行く事が出来ない。

という事で、家族も連れて釣りに行く事に。

ただ、今回は海ではなく山!

え!?渓流釣りの方がハードルが高いのでは?

いえいえ、渓流でもファミリーフィッシングは出来ちゃうんです!

(実際は長野へ墓参りのついでに山梨へ)

という事で、今回は川俣川渓流釣り場さんへ(管理釣り場)お世話になりました。

自然の渓流を利用しているので、水が澄んでて魚も見えて家族も大喜び!

(実際は私が一番喜んでました。)

料金は、1つの釣り場を2時間貸し切りる形で3500円、竿と仕掛けと餌が1000円。

追加の竿と仕掛けが300円なので、家族4人、竿が2つで総額4800円!

管理釣り場だからといってホイホイ釣れる訳ではありません。

魚の居るレンジや、活性があがる時間帯が1時間周期ぐらいで来る様で、

さらに流れのもあるので、浮きが流されたら回収する必要があります。

うまく魚が食ってくるポイントに浮きを流しながら待ちつつ、浮き下のハリスを調整しながら

食わせていきます。

水中を見る限り数10匹の魚が泳いでます。水中の映像を見ながらレンジを調整(反則技です。)

餌はイクラで、竹でできた3mほどの延べ竿を使用します。ニジマスのサイズは大体30cm前後です。

待望のヒットは次女が掛けました!

その後長女にもHIT!それぞれ2~3匹ほど釣れ、最終的に9匹の釣果!

腸と、背骨下部にある血合いを取る方法を丁寧に組合の方に指導して頂き、その場で捌いてお持ち帰りできました。

渓流が綺麗なので臭みも全然なく、その場で捌いたおかげで、帰って塩焼きにして食べたニジマスは

非常に柔らかい身と臭みの無い味に感動しました。

GWのファミリーフィシングで家族にも満足してもらい大成功。

よし。

これでGW終盤は一人で釣りにいける!

もちろん釣りだけではありません。

長野県岡谷市にある「やまびこ公園」ではボブスレーの様な滑り台があり、これまた大人も子供も楽しめます。(鳥居平やまびこ公園

足元中央にあるレバーでスピードを調整できます。

小学生以上から一人乗りが可能です。(小学生から料金がかかります)

未就園児は親御さんと二人乗りが可能です。(未就園児は無料)

もちろん小学生以上でも二人乗りが可能です。

ちなみに渓流も調査したのですが、入った渓流ではおそらく放流が無く、上から見てても

魚影が無い感じだったので、竿は出さずに水中のみ撮影しました。(山梨県清里大門川支流)

このぐらいの流れの落ち込みにルアーを流すと食ってきます。

もう少し深さが欲しいです。

個人的にはルアーで釣る方がやっぱり楽しいので、宿泊先の近くの渓流を調査してみました。

朝比奈川・瀬戸川水系でもアマゴの放流があり、3月から9月までは渓流釣りが出来るので、

今年は釣り件を買って足を運んでみようと思ってます。

先日ロンジンさんの渓流ルアーをミズキとDUOさんのリュウキを買ったので、夏は渓流も

ありかなあ~

渓流釣りカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。