7月の釣り!梅雨に負けずに釣りに行くためには・・・【釣り部181】

7月の釣り!梅雨に負けずに釣りに行くためには・・・【釣り部181】

あえてね。

梅雨というと・・・釣りの状況、コンディション共に決して良いとは言えない時期ですね。

どうしても釣りから遠ざかってしまう・・・

だからこそ!

やります。

あえて。

釣りダービー開催(身内開催)。
(「グッド!」)

釣りダービー = 意味は(競争・競走)

だそうですね。

内々のメンバーだけですが・・・(4人)

とにかく、釣りの意欲を上げていこうという意図です。

どうしても・・・

ジメジメ、アツイ!

雨・・・

と、気候的に釣りから遠のいている内に殺人的な暑さの8月が来て・・・

お盆は家族サービス・・・

な~んてやっている内に夏は過ぎていく・・・

そんなのはよくない!

この7月こそ、良い釣果をひっさげて、暑さの8月を迎えたい!

ハイ。

長くなりましたが・・・

私が考えた釣りダービーの内容は下記。

①ダービー概要

期間は7月1日~7月31日24時までの釣果

参加費は3000円、優勝者が総取りです。

ライングループを作成し、参加表明はライングループの登録。

そして、釣果の比較は・・・

です。

まず、魚体の長さを測る為にメジャーが必要です。

次に、エントリーできる魚種ですが・・・次の9つのカテゴリー!

という9つのカテゴリーでの釣果をそれぞれエントリーできます。

もちろん釣れなければエントリーできませんが・・・

1~4まではメジャーなルアーフィッシングのターゲットです。

むしろこの辺の魚を釣る為に日々釣りをしている人が大半でしょう。

ただ、これだけでは、釣りの幅も広がらないし、状況によっては坊主ばかりでもおかしくな。

そんなのはつまらないですよね?

という事で5~9。

まず、ライトゲーム!

一番釣果を出しやすいので楽しい!

とりあえず1~4が釣れないので、この釣りで坊主逃れ!なんて方が多いのでは?

でもダービーの対象魚じゃなかった場合、釣れてもなんかモヤモヤ。

だったら対象にしましょう!

主に「アジ」「カマス」「イワシ」「サッパ」「コノシロ」あたりかな。

「カマス」あたりが有力ですね。

さらに、タコ・イカは難しいけど、引き出しの多さと、万が一があった場合うれしい!

そして、あえて太刀魚と根魚。

これはライトゲームで釣れるけど、あえて外す事で、競争意欲向上!

太刀魚は体高ではなく、魚体の頭から尻尾の長さでOKなので一発逆転のジョーカーですね!

以外に狙って釣れる魚なので、カギとなる魚ですね!

根魚は、あえて外してあるので、ぶっちゃけちゃうと2匹釣れたら、ライトと根魚、両方でエントリー

可能!

・・・

そして・・・

外道!

これがカギ!

コイ!

ナマズ!

エイ!

ウツボ!

ブラックバス!

鮎、やまめ、いわな、あまご。

サメ、イルカ、クジラ!

魚なならなんでもOK!

そんな種目があってもいいじゃん!

だって、海水だろうが、淡水だろうが・・・

釣りは楽しいから!

今日は渓流行きたいな~!

があってもいいじゃない!

という感じ。

以上の9カテゴリーの総延長で競います。

たくさんのカテゴリーを埋めた方が有利なのは変わりないですが、ポイントは「ルアーフィッシング」

限定という点。

ルアーで釣るのは、どの魚だろうが難しいので、これを機に、色々な釣りの知識を身に着ける良い

チャンス。

釣りの引き出し・経験あげてこーぜ!的な思惑です。

②釣行のルール

まず、釣行のルールですが・・・

あくまでルアーフィッシングのみです。エサや泳がせ、サビキ釣りもダメです。

理由としては、皆に場所と時間を共有する事で、全員が釣りの知識や情報を共有でき、

釣りの知識や経験値を蓄える事を目的とします。

やはり、釣りが上手い人は、場所選びや時間から差が出るので、そういった所を少しでも

イーブンにしていく事で、全員に釣りの知識がつきます。

そうすると、今後の、釣りの上手い人が、周りに多いくなるので、そこで情報共有すれば、

釣果もあがるし、釣りも楽しい!

はず・・・

的な目論見ですw

③釣果のルール

最終的に各カテゴリーにエントリーする写真を選択します。

(釣行開始宣言、終了宣言が必須なので、その中で報告した釣果写真のみエントリー可能。

 この場合、グループのメンバーの記憶が承認になります。)

というルールの元、始まりました。

では釣行記事書いてきます。

まずは青物、シーバス、チヌを狙ってイクーー!

前回に書いた「6月の釣り!「黒潮」の蛇行で組み立てる – 後編 – 【釣り部181】」黒潮蛇行!

これの影響で・・・

絶対青物そろそろ来るはず!

という事で!

まずは青物釣って、1魚種エントリーするぜ!

という事で、大潮満潮サーフへGO!

時刻は朝6時すぎ。

メタルジグ40gをフルキャスト!

もちろんRサーディン 

サイズは小さいですが、貴重な青物ゲッチュ!20cmくらい!

実はワカシも釣れたのですが、テトラ上でオートリリース・・・

まあ青物はジグ投げとけば釣れる魚だから!

後は時間と場所さえ見極めれば!

しいて言えば潮が良く動いているポイントに居る感じ!

割とボトム付近で食ってくる!

河川の流入が多いので、塩分濃度的にボトムの方が好むのかも・・・

最初は濁りを嫌がるのかと思ったけど、どちらかというと前者の理由の方が強い気がする。

続いて・・・

シーバスとチヌをリサーチ。

焼津の小規模河川を昼間の内に偵察。

満潮に向かう上げ3分ぐらいに、河口から2km程の場所を見たところ、ボラやチヌの群れが居る事がわかったので・・・

こちらは夕マズメの満潮からの下げを狙ってみようと思います。

日が沈んだ7時すぎにエントリー。

あれれ~~~、おかしいぞ~~~!

表層をさぐるも反応なし。

ちなみに水深は2mも無いポイントで、ほぼドシャロー。これは早々に河口に下がった感じか・・・

っと結論だてするも、チニングルアーピン打ちでボトムを探り・・・

諦めかけたその時・・・

やはりイタ!

瀬尻からの流れ込み!流れのヨレが出来る少し深場にて!

落ちパク「ゴツン」!

なんか新しいアイスのキャッチコピーみたいな感じで食ってきたのは・・・

ナイスナマズ!別に狙っていない魚だったけど、嬉しい外道!

外道で嬉しいと感じるナイスルールだと我ながら感心!

いやいや!

い~~~~~~~~~い引きでしたよ。

楽しい!

楽しい!

コレだよ!コレ!

実際、時系列的にはこちらのナマズの釣果の方が青物より先だったのですが・・・

この日は暑い日ながらも、15時から釣りをしていたので、消耗した体力とメンタルを回復する1匹で、

なんとか竿を収める事が出来た感じです。

ちなみに夕マズメは河口でシーバスの回遊を狙って坊主。その後漁港に入ってライトゲームで

ちっちゃなエンピツカマスを釣り上げてはいましたが・・・

これでは夜も眠れないヨ・・・トホホ

総延長・・・85cmぐらいかな。

次の日もいったけど・・・

坊主でした。

御前崎までいったのに・・・

なぜなら、大潮の磯に期待したけど・・・

ここ最近遠州の波は荒れすぎ!

太平洋沖にある高気圧に押し出された熱波の風の影響なのかな?

風は無いのに波は高い!

南西からの風による波が釣りを難しくする事がわかったので、とりあえず御前崎方面はしばらく外して、

シーバスの居そうなポイントをリサーチすべくランガン。

朝4時から暑さが厳しくなる10時までひたすらランガン!

イタイタ!

ヨシヨシ!

ポイントも見つけたから・・・次こそ、シーバス釣ります!

ひっとルアー

ライトゲームはアジアダーと月下美人タングステンジグヘッド

ジグは1gか0.7gだった気がします。


着水からのフォールとスローリトリーブからの足元でのバイトが多かったです。

青物はRサーディン40g

着底から、少し大きくしゃくって、フォール後のリフトでフッキングした感じなので、フォールで食ってきてると思います。

ナマズはチヌ職人と3gのジグヘッドでしたが・・・

まあ居ればなんでも食いますw

落ちパク。

アジングカテゴリの最新記事