釣り部11 春の焼津港でライトゲームの結果・・・

釣り部11 春の焼津港でライトゲームの結果・・・

2019年4月17日

桜が散り始め大分気温も暖かくなってきましたが、釣果の方はどうでしょう?それを調べる為に焼津港へGO!

焼津港内

今回は焼津港内の小石川河口からさらに奥へ進んだ港内最奥をチェック。

このエリアは常夜灯が岸壁に並んでいる事もあり回遊魚などが岸壁へ接近する。さらにベイトがいれば長時間ボイルする可能性もある。焼津港ではチェック下方が良いポイントです。

仕掛け

信頼のアジミート(アミホロ)

もちろんアジスタSS 0.6g

もう鉄板のスタメンです。なぜかこれが釣れるんですよね。アジミートの色を蛍光ピンク(確か桃色吐息)や、アジスタのSSのグラム数を0.4g or 1.0gに変更する事はありますが、大体このローテーションですね。これであたりがない場合は大体プラグにいっちゃいます。なぜなら、この仕掛けでアタリがない場合は近くにいないと判断するからです。(もしくはレンジが違うからジグを代えるとか・・・)

釣行

さっそく常夜灯(オレンジ)周りをチェック。開始早々に小刻みなボイルが見られ、おそらくカマスだと思われる。アジスタ0.6gにアジミートをつけてキャスト。レンジは着水から5秒程、スローリトリーブによる斜めのフォールから小刻みなトウィッチを2回、さらにスローリトリーブ・・・の繰り返し。このリトリーブ中に

「グイっ!!!」という引き。

焦らず竿の張力で合わせを入れてから竿を立てる!!

ゆっくり引き寄せて・・・

やりました。涙(念願の)

カマス
カマス

その後ボイルも収まり、時刻は20時を回って時合が過ぎたので終了。

アジング・ライトゲームカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。